◎おかんがレピピアルマリオ これが私の怒り方

みなさまこんにちは。

このTシャツ どこのものかわかりますか?

レピピアルマリオ 小中学生に人気の服です。

誰が来ていると思いますか?

私です。アヒル口は失敗しました。

慣れないことをするものじゃありません。

 

さて、なぜこんなことになったかというと。。

次女は、小学高高学年のころからおしゃれに目覚め、

服をたくさん買いました。

 

そして中学校に入ると、

それらの服に対して「飽きた」そして今やこれらは「ダサい」というのです。

中にはほんの数回しか腕を通していない服もあります。

 

服を買うのを控え、着るように伝えました。

この服も捨てられようとしていました。まだ着られるどころか、大変良い状態です。もの自体もしっかりしています。

 

「まだ着れる。もったいないよ。デザインが嫌ならパジャマでもいいじゃない。」

「だっていやだもん」

そこで実力行使

あら、私にも着れる。肌ざわりもいいわあ。

ちょうど長女が帰宅したので、目を凝視しながら近づくと

「苦しい。まともに見られないからあっち行って。」と。

長女にウケたので気を良くした私。

ちょっと外出しちゃおうかしら。

 

ご近所のママ友と井戸端会議。私が事の顛末を話すと、共感の嵐。

2人で盛り上がっているときに、次女がタイムリーに帰宅。

私たちに向かって歩いてきました。

 

「おかんがレピピアルマリオ」

きっとこんな言葉が頭に浮かんだんでしょう。

言語化不可能な不思議な表情をしました。

 

私は両腕をひろげて

「似合うー」

苦笑いをして通り過ぎる娘。

 

時間差で帰宅し、娘に話しかけました。

「一度はワクワクしたブランドをママに着られるってことだからね。お洋服にそんな屈辱を味あわせるのはかわいそうよ。

大好きなtwiceのCDをママが掃除しながらステップ踏んで聴くのと同じことだからね。どちらも最後まで大事にしてあげて。」

 

じーっと聴いていた娘。口を開け一言

「ママそれね、パジャマの上だから。」

 

娘のレピピアルマリオを着るのは平気ですが

レピピアルマリオのパジャマの上を来て外に出るのは恥ずかしい、母でありました。

 

アンガーマネジメントオンライン講座開催しています

7/28 10:00~11:30 アンガーマネジメントパワーハラスメント防止入門講座

7/30 13:00~16:00 アンガーマネジメント応用講座

8/4  10:00~11:30 アンガーマネジメントパワーハラスメント防止入門講座

8/4 13:00~16:00 アンガーマネジメント応用講座

8/4 16:30~18:00 アンガーマネジメント叱り方入門講座

対面セミナーもございます

8/22 9:00~12:00 アンガーマネジメントティーンインストラクター養成講座

8/22 13:00~16:00 アンガーマネジメントキッズインストラクター養成講座

お申し込みはこちらよりお願いします

 

 

Follow me!


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です