◎ミックスジュース① アドラー心理学

みなさまこんにちは

長女が13日無事に中学を卒業いたしました。

今年私は初めての受験生の母でした。

特に3年になってからはじっくりと娘と向き合いました。

 

折角なので、私の今までの学びを活かそうと思いました。

定期的に面談もしました。

その1年の中で役に立った考え方をお伝えします。

 

アドラー課題の分離の考え方は役に立ちました。

目の前の課題は最後に責任を取る人のものであるという考え方。

受験はまさに娘の課題。それを親が自分の課題としてたちまわると、肝心の本人がとりのこされてしまいます。

「旗をたてよう。自分が行きたいところ、やりたいことの。それに向かって進もう。

そこに行くために必要なことを考えて行動しようね。自分の人生、決めるのは自分。」

初めに伝えた言葉です。

 

勇気づけの姿勢

勇気づけとは困難を克服する活力を与えること

常にその姿勢を心がけました。

 

そうこうしているうちに、娘がある日こう言いました。

「ママ、お友達のお母さんたちは”勉強やりなさい、やりなさい”っていうんだって。

”うちでは言われたことない。”っていったら、みんなに驚かれたよ。」

「そう、でどっちが良いと思う?」

「我が家かな。」

 

何回がに分けて、役に立った考え方をお伝えしたいと思います。

 

アドラー心理学に基づいた講座

ELM勇気づけ勉強会 と SMILE 愛と勇気づけの親子関係セミナー

を開催しています。

千葉市 東京などでの開催リクエスト承ります。お問い合わせはこちら

Follow me!


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です