みなさまこんばんは。

私は中学高校とバレーボール部に所属。

20代はインターボールという、高田馬場で様々な国の人が気軽に参加し、ゲームをするチームで

ここ数年はPTAのゴムバレーボールで。

ゴムバレーボール(スパイクが打てない)では物足りなくなり、革のボールの9人制バレーをするようになりました。

練習で満足していた私たちが、試合をしてみたくなりました。

実はこのチーム、かつては台湾遠征などしていた強豪だったらしいです。

「あの伝説のチームが復活するよ。」そんな前評判を受けての久々の試合。

昨年末(私は不参加)Aクラスのチームと戦い、瞬殺

 

先週の試合は、満を持して私がエースポジションで登場(笑)

Cクラスのチームと戦い、1セットもとれず。自分の実力を知る。

それよりももっと気になったのは、みんなの口から出る言葉です。

「あ~もう、帰りたい。」「だめだ~」「私ができないから・・・」

やる気をそぐプッペトークの連発なのです。

心の中で「だめじゃない」「足は動いてた」そんなツッコミをわたしは入れ続けました。

試合後そんな話をキャプテンにしたところペップトークに興味を持ってくれ

昨日、チームに伝えることになりました。

 

寒い体育館で、練習の時間を割いて。

8名と書記が参加してくれました。

最初に今日の講座はよりみんなでハッピーになるための講座と位置づけし

ペップトークの考え方などを伝えました。

「できない」は伸びしろがある

「体が重い」は冬寒くない とか。

みなさんとらえ方変換名人です。

セルフペップトークを考え、少しづつトレーニングしていこうということで講座終了。ゴールペップは機会を改めることになりました。

 

「楽しかった」

「職場でも子育てでも使える」

「実践してみようと思う」

「早速実践、自分の意識が変わると相手も変わった気がする」

「知ることで日々の生活が豊かになる気がする」

そんな声をもらいました。

 

ペップトークもアンガーマネジメントも伝えるものは実践者であるべき

そんな価値観が私にはあります。

自分の身近な人たちと一緒に取り入れていくって素敵。

来週からの練習に楽しみが増えました。

*************************

ペップトーク体験講座開催します。

2月22日(金) 10:30~12:00 東京日本橋駅より徒歩5分

お申し込みはこちらからお願いします